吉羽美華写真集「自主出版で政治資金を捻出」寝屋川市議詐欺

yoshibamika-syashin社会

2022年8月1日、業績が悪化した福祉関係施設に対し融資の仲介をすると偽り、現金をだまし取ったとして大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者らを逮捕されました。

詐欺容疑で逮捕された吉羽美華容疑者(42歳)は、29歳のときに自主出版で写真集を発売、見事完売するという美貌の持ち主。

吉羽美華容疑者の経歴についてまとめました。

吉羽美華写真集「自主出版で政治資金を捻出」

吉羽美華容疑者は29歳のときに、「Mika Yoshiba」と自身の名前を前面に打ち出したCDサイズのフォトブックを発売しています。

yoshibamika-photo

写真集販売の目的は、政治活動資金を捻出するためでした。

政治献金をしてお金だけいただくのが心苦しいということで、写真集の販売を思いついた吉羽美華容疑者。

自分の美貌に自信がないと、写真集を出そうという選択はなかなかできないですよね

元々は公式ホームページで使われていた写真が好評だったため、その写真をまとめる形で写真集が発売されました。

写真集は32ページで値段は1000円という良心的な価格のためか500部を完売しています。

写真集の内容は、カメラ愛好家の支援者が寝屋川市近辺でプライベートの吉羽美華容疑者を撮影したものです。

yoshibamika-photobook

お寺のようなところで正座をしている吉羽美華容疑者の写真がありますね

吉羽美華詐欺容疑の概要

吉羽美華容疑者の詐欺容疑の概要は以下の通りです。

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した福祉・医療関係施設向けの公的融資制度を巡り、融資の仲介をすると偽って、福祉施設側から手数料名目で現金をだまし取ったとして、福岡県警は1日午前、大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)ら男女数人を詐欺容疑で逮捕した。

引用:朝日新聞

「新型コロナウイルス対応支援資金」制度は、コロナの影響で利用者や収益が減った福祉施設などが一定の額まで無利子・無担保で融資を受けられる仕組みで、仲介は不要です。

  • 2020年7月以降、独立行政法人「福祉医療機構(WAM)」の「新型コロナウイルス対応支援資金」制度に目をつける
  • 「融資を受けたうちの半額を自分たちに『仲介手数料』として支払えば、返済不要になる」などと大阪府堺市の福祉施設に嘘の説明
  • 2020年12月に施設側に1億2千万円の融資を受けさせ、このうち計約6千万円を福祉施設から詐取した疑い。
  • 施設側は大阪市内のコンサルティング会社2社への「業務委託料」の名目で仲介手数料を支払う。

吉羽美華容疑者は仲介が必要だと信じ込ませた上で、自分たちに手続きを任せれば返済不要になるなどと甘い言葉でお金を巻き上げたようです。

吉羽美華容疑者は市民のために働く市議という立場でありながら、本当に困っている市民からお金を巻き上げてしまいました。

「地方から、国を変える」というモットーで政治家を志していた気持ちは、お金に目がくらんでしまったのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました