申請受付期間

令和3年101日(金)~令和3年1112日(金)

申請方法

申請はオンライン申請、もしくは郵送より受け付けます。

オンラインで申請する方

オンライン申請はこちら

郵送で申請する方

郵送での申請はこちら

支給要件

  • 営業時間短縮にご協力いただいた飲食店には協力金をお支払いします。
  • 通常、20時までに営業を終了している店舗は、営業時間短縮要請の対象外となり、協力金の申請はできません。
  • 通常、20時以降も営業していた店舗が、期間中、営業時間短縮要請をうけ、終日休業をされていた場合は対象になります。
  • ガイドライン実践店ステッカー

    ガイドライン実践店ステッカー見本

    協力金の支給の際には、県のガイドライン実践店ステッカーを掲示していることが要件となります。
    ※「ガイドライン実践店ステッカー」についてはこちらをご覧ください。
    https://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2020071700010/

  • 時短営業を実施していることを示すチラシを利用者にわかるよう、店舗外側等見やすい場所に掲示の上、写真等により記録を残しておいてください。
    協力金の申請には、期間中チラシを掲示していたことが要件となります。
  • 現在掲示いただいているチラシの実施期間欄を見え消し等で訂正いただいても問題ありません。
第5期営業時間短縮のお知らせチラシ

第5期営業時間短縮のお知らせチラシ

第5期休業のお知らせチラシ

第5期休業のお知らせチラシ

時短営業緩和のお知らせ

時短営業緩和のお知らせ

支給金額

1日当たり「売上高」 7.5万円以下/日 7.5万円超
13.34万円未満/日
13.34万円以上
25万円以下/日
25万円超/日
協力金の支給額 3万円/日 4万円/日 売上高×0.3/日 7.5万円/日
大企業は1日あたり「売上高減少額」x0.4[1日あたり上限:「20万円」または「1日あたり売上高x0.3」のいずれか低い額]

「1日あたり売上高」の算出方法

「1日あたり売上高」は下記の中から最も協力金額が高くなる方法を選択いただけます。

  • ①月単位方式
    令和元年又は令和2年の9月1日~9月30日の飲食業売上高 ÷ 30(日)
  • ②時短要請期間方式
    令和元年又は令和2年の9月13日~9月30日の飲食業売上高 ÷ 18(日)

※1円未満切上げ
※「飲食業売上高」:営業時間短縮要請の対象となっている飲食業の売上高(消費税及び地方消費税を除く)
(テイクアウトにかかる売上高や飲食業に合わせて行う物品販売にかかる売上高などは対象となりません。)

「1日あたり売上高減少額」の算出方法

「1日あたり売上高減少額」は下記の中から最も協力金額が高くなる方法を選択いただけます。

  • ①月単位方式
    {令和元年又は令和2年の9月1日~9月30日の飲食業売上高)−(令和3年の9月1日~9月30日の飲食業売上高)}÷ 30(日)
  • ②時短要請期間方式
    {令和元年又は令和2年の9月13日~9月30日の飲食業売上高)−(令和3年の9月13日~9月12日の飲食業売上高)}÷ 18(日)

※1円未満切上げ
※「飲食業売上高」:営業時間短縮要請の対象となっている飲食業の売上高(消費税及び地方消費税を除く)
(テイクアウトにかかる売上高や飲食業に合わせて行う物品販売にかかる売上高などは対象となりません。)