営業許可証における不備

(1)営業許可証の画像または写しが不鮮明であったり、許可証の一部のため内容が確認できない

許可証全体の写しを提出してください。

(2)営業許可証の有効期間が申請期間の全てを含んでいない

営業許可証の有効期間が申請期間の途中で切れている場合は、更新後の営業許可証もご提出ください。

(3)営業許可証に表示された名義人と協力金申請者が一致していない

営業許可証に表示された名義人が協力金申請の対象者となります。対象者が申請をしてください。
一致しない場合には、その理由を記載の上、名義人と申請者連名で「飲食店営業許可証等に係る申立書」をご提出ください。

(4)営業許可証の営業所名称と申請店舗の名称が一致していない

営業許可証の営業所名称は申請店舗の名称と一致している必要があります。
変更手続き中の場合は、それを証明する書類をご提出ください。

(5)営業許可証の営業所在地と申請店舗の住所と一致していない

営業許可証の営業所在地は申請店舗の住所と一致している必要があります。
変更手続き中の場合は、それを証明する書類をご提出ください。

(6)飲食店営業許可証又は喫茶店営業許可証でない書類が添付されている

食品衛生法で定める飲食店営業許可証又は喫茶店営業許可証での申請が必要です。
それ以外の営業許可証では受付できません。

店舗の外観及び内観がわかる写真における不備

(1)外観写真の店舗名(屋号)がわからない

店舗の外観写真は看板などで店舗名(屋号)が確認でき、店舗の外から店舗が見える角度で撮影した店舗の実態が確認できる写真をご提出ください。

※次のような写真は、原則、無効となります。

  • 店舗名(屋号)を確認できない写真(元々、看板等を出していない店舗は除く)
  • 店舗の扉のアップ写真
  • ビルの集合看板の写真

(2)内観写真から飲食スペースが確認できない(提出が必要な場合のみ)

飲食スペース(机・椅子・メニュー等の掲示がわかる場所)がわかり、店舗の営業実態が確認できるよう、なるべく広範囲が入る形で撮影した写真をご提出ください。

※次のような写真は、原則、無効となります。

  • 限られた机・椅子しか写っておらず、店内かどうかわからないもの
  • 厨房部分の写真となっており、飲食スペース(机・椅子・メニュー等の掲示)の確認ができないもの

休業・営業時間短縮を行ったことがわかる写真における不備

(1)要請期間において、休業又は営業時間短縮を行ったことがわからない

要請期間において、休業又は営業時間短縮を行ったことを表す写真などをご提出ください。
閉店(=廃業)した場合は、閉店日(=廃業日)までの間に休業又は営業時間短縮を行ったことを表す写真などをご提出ください。

(例)

・要請期間において、休業又は営業時間短縮のお知らせチラシを店舗に掲示している写真
・店舗のホームページやSNSなどで、広く一般の利用者向けに要請期間の全ての期間において、休業又は営業時間短縮のお知らせを発信している画面

※次のような写真は、原則、無効となります。

  • 休業又は営業時間を短縮している期間がわからない
  • 短縮している営業時間がわからない

「ガイドライン実践店ステッカー」を掲示している写真における不備

(1)「ガイドライン実践店ステッカー」を店舗に掲示していることがわからない

●ステッカーを店舗に掲示していることがわかる写真をご提出ください。
●対象店舗の名称とステッカーナンバーが確認できる写真をご提出ください。

※次のような写真は、原則、無効となります。

  • ステッカー記載の店舗の名称とナンバーが小さく読み取れない。